• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Guest content

Latest publications

Blog / 2024年2月23日

現在グローバルサウスで、集中する「完璧な嵐」のため、多くの荒廃の恐れがあり、おそらく最も貧しい人々や最も脆弱な人々が最も大きな被害を受ける可能性が高いと、ジョモ・クワメ・スンダラム氏は述べています。

News / 2024年2月22日

国際労働機関(ILO)、セーブ・ザ・チルドレン、ユニセフ(国連児童基金)が本日発表した新たなデータによると、世界全体で、0歳から15歳までの14億人の子どもがいかなる社会的保護(児童手当・家族手当等)も受けられず、病気や栄養不良、貧困の危険にさらされています。

Article / 2024年2月15日

ガザ危機は、国際法と人道的価値観を擁護するべき国々が自らの義務に公然と背いていることを示しています。彼らの道徳的破綻は火を見るより明らかだとブィックフー・ボディは書いています。

News / 2024年2月14日

国連は水曜日、各国に対しスーダン内戦に巻き込まれた民間人を忘れないよう呼び掛け、人道的ニーズを満たし、近隣諸国に避難した人々を支援するために41億ドルの拠出を訴えました。

Article / 2024年2月8日

包括的な気候変動資金の打開策を勝ち取らない限り、化石燃料の「公正で秩序ある公平な」段階的廃止への希望はすべて放棄されることになる、とトム・アタナシウ氏は書いています。

Blog / 2024年2月5日

2008年以来の経済の縮小傾向と国際協力を蝕む「地政学的」紛争により、特にアフリカを中心とした最貧国で世界情勢が悪化し、貧困層の生活はさらに悪化している、とジョモ・クワメ・スンダラム氏は IPS newsに書いています。

Blog / 2024年2月2日

地政学的な偏り、時代遅れのガバナンス、過度に市場指向の枠組みは、これらの機関の構造的欠陥の一部にすぎないとジャヤティ・ゴーシュ氏は IPS Journalに書いています。

News / 2024年1月30日

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金提供停止に対する集団抗議の中で、いくつかの援助団体がガザ地区で展開している危険な状況に対する深い懸念を表明しました。

Article / 2024年1月25日

STWRは世界の人道・人権団体に加わり、すべての国連加盟国に対し、ガザ地区の人道危機を煽っているイスラエルとパレスチナ武装勢力への武器移転の停止を要求します。

Report / 2024年1月19日

2年連続で、最も過小報告されている10の危機すべてがアフリカにあると、世界の忘れ去られた人道危機に関する CARE International の最新報告書で報告されています。

Report / 2024年1月18日

Global Justice Nowの新たな報告書によると、世界のトップ企業は、インフレと生活費危機のさなか、市場での独占力を利用して価格を引き上げ、高値を維持しています。2022年までの5年間で、世界上位20社の平均「値上げ」は約50%に上昇しました。

Report / 2024年1月18日

セーブ・ザ・チルドレンの新たな分析によると、昨年深刻化した食料危機に直面した上位10カ国では約600万人の子どもが飢餓に追い込まれ、これは2022年比で32%の増加でした。

Report / 2024年1月15日

世界の最富裕者5人は、2020年以降、資産を4,050億ドルから8,690億ドルへと2倍以上に増やしました(1時間当たり1,400万ドルの割合)。一方、50億人近くが貧困化していることが、不平等と世界的な企業権力に関するオックスファムの新たな報告書で明らかになりました 。

Article / 2024年1月2日

私たちには皆に行き渡るだけの物資がありますが、人口の大部分は生活の基本的必需品を欠いている、とマイケル・マーモット氏は書いています。

Blog / 2023年12月21日

世界人権宣言が採択から75周年を迎えると同時に、私たちは人権によって貧困差別を終わらせ、経済的不平等に対処できる多くの強力な方法をさらに深く掘り下げる必要がある、とローザ・ルクセンブルク財団のオリヴィエ・デ・シュッター氏は書いています。

Article / 2023年12月21日

損失と損害の基金への米国の拠出額は国防総省の支出の9分に相当すると、著名な経済学者で持続可能な開発の世界的リーダーであるジェフリー・D・サックス氏は言います。

News / 2023年12月14日

ユニセフ・イノチェンティ世界調査予測局所が本日発表したデータによると、世界で最も裕福な国の一部では、2014年から2021年にかけて子どもの貧困が急増しました。

News / 2023年12月14日

先進国の指導者らが化石燃料からの「脱却」を目指すCOP28合意を歴史的だと称賛する中、先住民族、最前線のコミュニティ、気候正義団体がこの合意を不公正かつ不公平であり、業務平常通りだとして非難しました。

Report / 2023年12月12日

気候変動の差し迫った課題に取り組む共同努力として、社会運動、環境・開発NGO、労働組合、宗教団体を代表する市民社会団体の世界連合は、各国が気候危機に取り組むために公平な分担を果たしているかどうかについての新たなレビューを発表しました。

Blog / 2023年12月11日

国際金融システムは化石燃料を永らえさせ、脆弱な国々に借金を負わせて、公正なエネルギー転換を遅らせている、とオイル・チェンジ・インターナショナルのブロンウェン・タッカー氏とシェリーン・タラート氏は書いています。

News / 2023年12月1日

国連加盟国は今日、租税枠組条約の制定プロセスを開始し、世界の租税ルールの決定方法を完全に変える決議を圧倒的多数で採択しました。

News / 2023年12月1日

気候緊急事態との闘いは、世界の最貧国が地球温暖化の影響への対策に費やす支出の12倍以上を債権者に支払っている債務危機によって妨げられていると、運動団体が警告しました。

Report / 2023年12月1日

2019年、世界人口の最も裕福な1パーセントが、人類の最も貧しい3分の2を占める50億人よりも多くの炭素汚染を引き起こしていたことがオックスファムの新しい報告書で明らかになりました。

    Blog / 2023年11月22日

    人々は収入や生まれた場所を理由に死ぬべきではありません。 私たちは製薬業界に立ち向かう勇気を持たなければならない、とバーニー・サンダースは書いています。

    News / 2023年11月10日

    国連環境機関の新たな報告書によると、化石燃料の生産を削減するという公約に反して、世界中の政府の政策により、2030年には生産量が最大2倍になる見込みです。

    Article / 2023年11月10日

    多くのアメリカ人は、国の豊かさは死の道具としてではなく、国内外の貧しい人々や苦労している人々のための命綱として使われるべきだと信じている、とリズ・セオハリス牧師はTomDispatchに書いています。

    Blog / 2023年11月10日

    英国政府の政策は引き続き貧困を固定化し、何百万人もの人々を不必要に不幸に陥れていると、Just Fair 所長のジェス・マクウェイル氏と国連のオリヴィエ・デ・シュッター氏は述べています。

    News / 2023年11月7日

    英国の貧困水準は「まったく容認できない」ものであり、政府は国際法に違反していると、国連の貧困のための特使が今週の同国への訪問に先立ち、閣僚らに福祉支出の拡大を求めると述べました。

    Blog / 2023年11月3日

    最新のハンガーホットスポット報告書は、イスラエルとパレスチナの紛争に世界の注目が集まる一方で、見過ごされる危険性がある危機的な人道緊急事態を思い起こさせるものとなっています。

    Blog / 2023年10月20日

    貧困と剥奪によって命が短くなることは、豊かさの中で何百万人もの人々を置き去りにしている社会に対する道徳的告発です。この危機には緊急対応が必要だ、とウィリアム・バーバー牧師とリズ・セオハリス牧師はCommon Dreamsに書いています。

     
    Article / 2023年10月19日

    2023年世界銀行グループおよび国際通貨基金(IMF)年次総会に先立ち、STWRはGlobal Coalition for Social Protection Floors(社会的保護フロアのためのグローバル連合)からの「Social Security for all(すべての人のための社会保障)」の新しいキャンペーンに参加しました。

     
    Article / 2023年10月13日

    300以上の市民社会団体と労働組合、そして学者らが政府、財務省、国際金融機関に対し、2023年10月9~15日にマラケシュで開催される世界銀行とIMFの年次総会で#EndAusterity(緊縮財政の終焉)と代替資金調達の実施を要請しました。

     
    Blog / 2023年10月12日

    世界銀行と国際通貨基金(IMF)は、「以前と同じ失敗のメッセージ」を携えて、数十年ぶりにアフリカに戻ってきました。

    Report / 2023年10月12日

    アクションエイドの最新報告書「失敗の50年:IMF、債務、アフリカの緊縮財政」は、国際通貨基金(IMF)の緊縮政策によってアフリカ諸国が直面し続けている継続的な課題に光を当てている、とウィンストン・ムウェール氏は書いています。

    News / 2023年10月6日

    教皇フランシスコは、世界は気候変動により「崩壊」しつつあり、「限界点に近づいている」可能性があると警告しました。

    Blog / 2023年10月6日

    国連加盟国193カ国が、2030年までの極度の貧困と飢餓の撲滅を含む17の持続可能な開発目標(SDGs)の現状を検討したところ、そのほとんどが失敗であるという意見であり、成功であるという意見はほとんど、あるいはまったくありませんでした。

    News / 2023年9月23日

    アントニオ・グテーレス国連事務総長は今週、ニューヨークの国連本部で1日限りの「気候野心サミット」を、世界の指導者たちに向けたシンプルかつ明確でめざましいメッセージ「もっと行動せよ」という言葉で開幕しました。

    News / 2023年9月22日

    世界保健機関と世界銀行の共同報告書によると、20億人が必要な治療費の自己負担で深刻な経済的困難に直面しています。

    News / 2023年9月16日

    地球の生命維持システムの破壊があまりに進んで、地球は「人類にとって安全な活動領域から大きく外れている」と科学者らは警告しています。

    News / 2023年9月7日

    気候変動活動家や反貧困運動家らは、来月ニューヨークでの国連総会において、世界の指導者による世界的な食料危機に関する緊急会議を開催するよう呼びかけています。

    Article / 2023年9月1日

    グローバル・サウス諸国は現在、富裕国の利益が話し合いで優位を占める、IMFやG20などのフォーラムで債務救済を求めています。低所得国には、救済を求めるのではなく、緊急の問題を解決するために協力できるフォーラムが必要だと、Jacobinにラムヤ・ヴィジャヤ氏とプージャ・ランガプラサド氏は書いています。

    News / 2023年8月29日

    フィリピンに本拠を置く開発銀行によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックと生活費高騰により、アジアの発展途上国では昨年さらに7000万人近くが極度の貧困状態で生活していました。

    Report / 2023年8月29日

    2021年が始まると同時に、地球資源を分かち合う必要性がかつてないほど高まりました。2022年のSTWRの活動と将来の計画について詳しくご覧ください。

    Blog / 2023年8月19日

    2050年までに世界人口の70%近くが都市部に住むと予想されており、世界の政府が大胆な行動をとらない限り、非公式居住地の急増は避けられないでしょう。

    News / 2023年8月12日

    ブラジルのアマゾン・サミットは、熱帯雨林を保護するためのロードマップを提示して閉幕しましたが、森林破壊を終わらせるという具体的な約束はありませんでした。

    Blog / 2023年8月10日

    まともな栄養価の高い食事は現在、地球上の半分近くの人にとって手の届かないところにあります。飢餓に対処し、各国が必要とする食料を生産する能力を再構築するには、まったく新しいレシピが必要である、とオリヴィエ・デ・シュッター氏はIPSニュースに書いています。

    News / 2023年8月4日

    グローバル・フットプリント・ネットワークの新しい研究によると、人々は地球がもう一つ余分にあるかのように消費し続けています。

    News / 2023年7月29日

    保守党主導の議会が庇護希望者を取り締まる法案を可決したことを受け、火曜日、2人の国連高等弁務官は英国が国際人権・難民法の義務に違反していると非難しました。

    News / 2023年7月27日

    世界の富裕層と貧困層の間の拡大する格差に対処できなければ、貧困は定着し、気候崩壊のリスクが高まるだろうと、200人以上の主要な経済学者グループが述べました。

    News / 2023年7月21日

    アントニオ・グテーレス国連事務総長は、「世界の半分が、壊滅的な債務危機に煽られて開発災害に陥っている」と警告し、緊急の財政救済を求めました。

    News / 2023年7月20日

    新型コロナウイルス感染症パンデミック、生活費危機、ウクライナ戦争により、2020年以降1億6,500万人が貧困に陥っていると国連が報告し、発展途上国への債務返済の一時停止を求めています。

    News / 2023年7月13日

    国連によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックとウクライナ戦争の影響で、世界の飢餓に陥る人の数は2019年以降1億2,200万人増加し、7億3,500万人となった。

    News / 2023年7月13日

    人類の半数は、医療や教育よりも債務返済に多くの出費を強いられている国々に住んでおり、これはまさに開発災害にほかならない、とアントニオ・グテーレス国連事務総長は述べました。

    Report / 2023年7月7日

    世界最大手企業722社は、過去2年間、価格と金利が上昇する中、毎年1兆ドルを超える棚ぼた利益を集めてきましたが、その一方で何十億もの人々が節約や飢えに苦しんでいます。

    Article / 2023年7月7日

    フランシーヌ・メストラム氏は、貧困を削減しようとするよりも、富と不平等と闘うことの方がはるかに有益だと書いています。

    Report / 2023年6月29日

    「世界中で最も弱い立場にある人々が食料、燃料、肥料の価格高騰の矢面に立たされており、女性と女児が最も大きな打撃を受けている」

    Blog / 2023年6月27日

    気候正義、債務帳消し、グローバル・サウス諸国は気候危機への対処よりも債務返済に5倍多くの費用を費やしています。#COP28まであと160日となっており、120人以上のCSOと活動家が富裕国に対し#気候正義のために#債務帳消しを呼びかけています。Debt Justiceによる声明に署名しよう。

    Blog / 2023年6月22日

    2015年9月に193カ国からなる国連総会が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択したとき、その目標は世界を平和と経済的繁栄の理想的な状態に変えることでした。

    Blog / 2023年6月22日

    地球上で最も裕福な国において、基本的ニーズの充足と、私たち全員の生存と繁栄を保証できないことに対して言い訳することはできない、とサラ・アンダーソン氏はCommon Dreams / Inequality.orgに書いています。

    Article / 2023年6月21日

    政策専門家らからの書簡は、グローバル・ノースの指導者らに対し、化石燃料、不当な植民地支配的な債務、超富裕層から資金を振り向けることから始めて、真の世界金融システム変革を議題に載せるよう呼びかけています。

    Article / 2023年6月9日

    援助機関は世界のドナーに対し、サヘル地域の人道的対応に資金全額を提供するために必要な資金提供を約束することで、気候変動の影響に対処するよう呼びかけています。

    Blog / 2023年6月9日

    去年の世界の軍事費は2兆2000億ドルに達し、世界の人道的ニーズに対する国連のアピールを42回以上カバーできるほどです。

    Article / 2023年6月2日

    食料主権がなければ、民間企業は地球を犠牲にして暴利を貪り続けるだろう、とプログレッシブ・インターナショナルのデイヴィ・マーティンズは書いています。

    Article / 2023年5月19日

    世界が現代史上最大という前例のない規模の食料危機に直面する中、飢餓との世界の闘いは後退しつつあります。

    Blog / 2023年5月17日

    新しい報告書「グローバル多国間主義にスポットライトを当てる」は、批判的な分析を提供し、民主的な多国間構造と政策を強化するための推奨事項を提示しています。

    Blog / 2023年4月27日

    アフリカ大陸の54か国のうち45ものアフリカ諸国(これらはすべてサハラ以南のアフリカとして知られる地域に分類される)は、資金がかつてない最低水準にまで縮小するにつれて、大きなストレス下に置かれ続けています。いわゆる援助の一部分は、豊かな援助国の懐に戻り続けています。IPS Newsのバヘール・カメル氏による記事。

    Blog / 2023年4月22日

    STWRは、各国政府が方針を転換し、軍拡競争を促進し戦争を煽る軍事費の急速かつ大幅な削減に重点を置くよう求める呼びかけを支持します。「戦争は地球を犠牲にする」と軍事支出に関するグローバルキャンペーンは述べています。

    Report / 2023年4月17日

    「IMFは一連の貧困国に公共財への支出を奨励した1ドルごとに、緊縮措置を通じてその4倍以上を削減するように指示した」とオックスファムは述べています- Common Dreamsのジェイク・ジョンソンによる。

    News / 2023年3月24日

    人類は、気候変動による将来の最悪の被害を防ぐ最後のチャンスに近付きつつある、と国連の科学者のトップパネルが報告しています。

    Article / 2023年3月16日

    アフリカ政府の4分の3がすでに農業予算を削減している一方で、武器にはほぼ2倍の金額を支払っているというデータは衝撃的です。

    Report / 2023年2月28日

    世界最大のアグリビジネス企業は、2020年以降、世界で最も弱い立場にある人々の基本的ニーズを充足できると国連が見積もっている金額を超える数十億ドルの利益をあげていたことが、新たな報告書によって明らかになりました。

    Article / 2023年2月26日

    今日、人道支援を切実に必要としている子どもたちの数は、第二次世界大戦以来最多となっています。IPS Newsのバヘル・カマル氏による。

    Report / 2023年2月2日

    イングランドおよびウェールズの市民社会全体から70以上の組織が、英国の人権記録に関する国連への新しい報告書の証拠を提出した、とEach Otherにエマ・ガイ氏は書いています。

    Blog / 2023年1月4日

    緊縮財政が撤廃されない限り、開発途上国の人々は、最も必要なときに、社会的保護と公共サービスを失うことになります。しかし、そうである必要はないのです。Project Syndicateにイザベル·オルティツ氏とマシュー·カミンズ氏は書いています。

    Blog / 2022年12月16日

    2021年末時点で世界の低所得国と中所得国の対外債務は総額9兆ドルに達し、10年前の2倍以上となりました。このような債務は2023年にさらに1兆1,000億米ドル増加すると予想されています。

    News / 2022年11月18日

    世界中のメディア組織は、各国が協力し、道義的責任を受け入れ、気候変動への取り組みの負担を公正に分担する必要があるという共通の見解を報じています。

     
    Report / 2022年11月16日

    新しい報告書は、温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標に対して、気候公約がどのように比べられるかについての国際的衡平性の分析を提供しています。

    Report / 2022年10月8日

    新しい報告書、End Austerity: A global report on budget cuts and harmful social reforms(反緊縮: 予算削減と有害な社会改革に関するグローバル報告書)は、2023年までに世界人口の85%が緊縮財政政策の中での生活を強いられるであろうことを示しています。

    News / 2022年9月23日

    世界の超富裕層人口が記録的に急増したことが新しい分析で明らかになり、慈善団体同盟は火曜日、世界中で何億人もの人々が飢えており、4秒に1人が餓死していると発表しました。

    Report / 2022年9月22日

    オックスファムは、食料供給に対する気候の影響に関する新しい報告書の中で、異常気象による国連アピールの件数が最も多かった10か国では、深刻な飢餓が123パーセント増加していることを明らかにしました。

    Report / 2022年9月15日

    2021年の幕開けと同時に、地球資源を分かち合う必要性は前例のないものでした。2021年のSTWRの活動と今後のプランについての紹介です。

    Blog / 2022年9月15日

    ロシア·ウクライナ戦争は、世界の商品市場に大混乱をもたらし、エネルギーおよび食料価格を押し上げ、世界中の飢餓の緊急事態を悪化させている、と Common Dreamsのジェイク·ジョンソン氏は報告しています。

    News / 2022年9月2日

    戦争と経済的ショック、気候変動によるショックが重なり、何百万人もの人々が飢餓に直面しています。今、10年間の終わりまでに飢餓をなくすという国連の目標は、これまで以上に遠ざかっています。

    News / 2022年8月17日

    国連の人道支援プロジェクトは今年、記録的な資金不足に直面しています。世界的なニーズが公約をしのぐと同時に、必要な487億ドルの3分の1しか確保されていません。

    News / 2022年8月6日

    3,700万人以上の人々が深刻な飢餓に直面しており、この地域では5歳未満の約700万人の子供たちが深刻な栄養不良に陥っています。

    News / 2022年8月4日

    今日から、人類はツケ払いで生きています。地球が 1 年間に持続可能に生産できるすべての資源を人類が消費し切った日であるオーバーシュート·デーが毎年前年より早く到来しています。

    News / 2022年7月13日

    キャンペーナーによると、西側諸国政府は、債務危機に対処するために低所得国からのローン返済を緩和するよう民間の貸し手を「強制」する必要があります。

    Blog / 2022年7月8日

    6月30日、マドリードでの北大西洋条約機構(NATO)サミットが、武器への支出を2倍にし、ヨーロッパの軍隊の数を8倍に増やすという最終の約束を持って終了したと同時に、世界中の飢えた人々の総数は今や前例のない記録を打ち立てていると、IPSニュースのバヘール・カメル氏は書いています。

    Report / 2022年6月10日

    オックスファムの報告によると、必要な資金の約半分が先進国から提供されているに過ぎません。

    Blog / 2022年6月1日

    東アフリカでは、48秒ごとに1人が飢餓で亡くなっています。openDemocracy.orgのギャレス・オーウェン氏は、世界を駆り立てる取り組みが緊急に必要であると述べています。

    Blog / 2022年5月20日

    世界が地球上のすべての人間を養うのに十分な食料を生産していることに気付かなかった人はいるのでしょうか。一方、欧州連合の人口のほぼ2倍の人々が、毎晩空腹で床についています。

    Blog / 2022年5月6日

    世界の地政学的様相の大きな変化を認めることは重要ですが、何百万もの人々が、彼らが関与していない世界的な紛争の代償を払って飢えていることを忘れるべきではありません。

     
    Blog / 2022年4月28日

    母なる自然に対する断続する壊滅的な人間の戦争に対して警告する多くの情報があります。そして、そのメッセージは明確であると、IPSNewsのバヘール・カマル氏は書いています。

    Report / 2022年4月12日

    COVID-19、世界的な不平等の拡大、ウクライナでの戦争による食料価格の高騰の衝撃により、2022年には25億人以上の人々が極度の貧困に陥る可能性があることを、新しいオックスファムの報告書が明らかにしました。

    News / 2022年3月25日

    アフガニスタンの人々は今日、「例を見ない規模」の食料不安と栄養失調の危機に直面している、と常駐・人道調整官は火曜日に言いました。

    News / 2022年3月25日

    国連は、スーダンでひどく飢えている人々の数は、収穫量の少なさ、経済危機、内戦、ロシアのウクライナ侵攻の結果として、9月までに2倍になる可能性があると警告しています。

    News / 2022年3月18日

    支援金がウクライナに投入されると同時に、高まるニーズにもかかわらず、国連機関はイエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアへの支援を削減することを余儀なくされています。

    Report / 2022年2月25日

    世界食糧計画(WFP)と食糧農業機関(FAO)のハンガーホットスポット報告書によると、エチオピア、ナイジェリア、南スーダン、イエメンは依然として最も懸念されている国です。

    News / 2021年10月14日

    Covid-19パンデミックは、開発の「悲劇的な逆転」を引き起こし、貧困国の債務を記録的レベルに押し上げたと、世界銀行グループ総裁は述べています。

    Article / 2021年10月14日

    気候変動に対する債務があります。それは富裕国によるものであり、植民地時代の搾取によって可能になった何世紀にもわたる工業化による二酸化炭素排出が、気候危機の主な原因となっています。

    Report / 2021年9月30日

    Social Watchらによって発表された最新の「持続可能な開発に関するスポットライト2021」レポートは、新型コロナウイルス感染症危機における矛盾と偽善を克服する時期が来たと主張しています。

    News / 2021年9月30日

    国連事務総長は、世界の最貧国との格差を広げるツイントラックの回復を回避するために、10兆ドル(7,360億ポンド)の資金注入を追加することにより、Covid-19パンデミックの影響の打撃を受けた労働者を保護する取り組みを強化するよう富裕国に呼びかけました。

    Report / 2021年9月23日

    多くの開発途上国では、2歳未満の子供のわずか3分の1しか健康的な成長に必要な栄養を与えられておらず、過去10年間で栄養の改善は進んでいません。

    News / 2021年9月3日

    国連国際労働機関(ILO)の報告によると、今日、40億人以上の人々が危機から身を守るための福祉の保護を受けずに暮らしており、COVID-19の危機が政府支出を約30%押し上げていることを強調しています。

    Article / 2021年9月2日

    十分性に焦点を当て、すべての人に惑星資源の公平なシェアを保証するなら、人類の普遍的なニーズを満たし、世界を住むのに適した環境に保つことが可能である、とスタン・コックスはYES! magazineに書いています。

     
    News / 2021年8月17日

    世界的調査によると、世界で最も裕福な国の4分の3の人々は、人類が地球を危険な転換点に向かって押し進めていると信じており、経済的利益の優先順位からの転換を支持しています。

    News / 2021年7月30日

    ドイツ、英国、カナダ、その他の先進国が、インドと南アフリカが提案したコロナウイルスワクチン特許を一時放棄するという、一般的に支持されている対策を最初に阻止してから約9ヶ月で、世界中で300万人以上がCovid-19で死亡しました。 - ジェイク・ジョンソンがCommon Dreamsに書いています。

    News / 2021年7月29日

    人類は、地球が2021年に持続可能な方法で供給できるすべての天然資源を、今日までにすでに消費しました。つまり、5ヶ月でオーバーシュートしました。
     

    News / 2021年7月26日

    小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。

    Report / 2021年7月14日

    国連の新しい報告書によると、Covid-19のパンデミック中に、十分な食料がなかった人の数が急増し、世界のほぼ3分の1を占めました。

    Report / 2021年7月13日

    毎分11人が飢餓で死亡している可能性があり、現在COVID-19の死亡者数を上回っている、とオックスファムは警告しています。

    News / 2021年7月8日

    800以上の国際機関、NGO、農業団体、専門家が、今年の国連食料システムサミットで、農業生態学、有機農業、再生農業を最重要課題にすることを望んでいます。

    Report / 2021年7月4日

    STWRの優先事項は、飢餓と貧困を終わらせるための世界中での大規模な市民運動のビジョンを推進するという主要な目的に引き続き焦点を当てています。2020年の活動と今後の計画について説明します。

    News / 2021年6月24日

    グローバル・サウス諸国は、4日間の「ワクチン国際主義サミット」で新型コロナワクチンの技術と生産を分かち合うことを約束します。

    News / 2021年6月24日

    飢饉はすでに4ヵ国で起こっていますが、さらに何百万人もの人々が危険にさらされていると、国連世界食糧計画(WFP)は警告し、援助を必要とする人々に到達するための緊急の資金と人道的アクセスの必要性を強調しています。

    News / 2021年6月15日

    ボリス・ジョンソンが「世界に予防接種」する計画をコーンウォール・サミットの目標としているにもかかわらず、G7のリーダーたちは、貧困国でのコビッド・ジャブの不足を終わらせるために数十億ポンドを調達することを求める嘆願を拒否しました。

    Blog / 2021年6月11日

    米国、日本、韓国の主要な宇宙飛行士らが、今週末、英国のコーンウォールで会合を開くG7のリーダーたちを対象とした新しいショートフィルムで力を合わせます。

    Report / 2021年6月3日

    多くの低所得国では、一般人ではなく大企業が新型コロナウイルスの救済基金の主な受益者であると、タックス・ジャスティス・ネットワークの ルーク・ホーランドは書いています。

    News / 2021年5月22日

    新型コロナパンデミックの勃発以来、少なくとも9人が新しい億万長者になりました。これは、COVID-19ワクチンを独占している製薬会社が生み出している過剰な利益のためであると、。

    News / 2021年5月22日

    ノーベル賞受賞者やその他の専門家は、「私たちの惑星、私たちの未来」サミットの後に緊急の行動を呼びかけます。この声明は、運営委員会が公表し、ノーベル賞受賞者と専門家が共同署名した2021年のノーベル賞サミットでの議論に触発されました。

    Article / 2021年5月21日

    個人であろうと公的であろうと、過剰な債務によって引き起こされる人間の尊厳への損傷は、人権を侵害する不当な政策の結果です。権利の保護は、債務正義のコアとなる原則でなければなりません。プログレッシブ·インターナショナルのDebt Justice Collectiveのためのアリソン·コーケリー、イグナシオ·サイズ、フアン·パブロ·ボホスラフスキーは記しています。

    News / 2021年5月5日

    食料危機に対するグローバルネットワーク(GNAFC)の年次報告書によると、深刻な食料不安に直面し、緊急の生命と生計を救うための援助を必要とする人々の数は、食料危機に悩まされている国々で2020年に5年ぶりの高水準に達しました。

    Article / 2021年4月30日

    一部の大国による最近の軍事支出の増加額は、軍事への資金を削減し持続可能な開発に転用するという国連の長年の嘆願を嘲笑していると、IPS newsのタリフ・ディーンは書いています。

    Blog / 2021年4月29日

    パンデミックは、世界的な不正義と不平等についての受け入れ難い真実を露呈しました。ローワン・ウィリアムズは、私たちが健康を、特権のある少数の人々が手に入れることができる利益ではなく、普遍的な共通善と見なすよう課題を突きつけれていると書いています。

    News / 2021年4月21日

    援助団体は、政府に飢餓と戦うために1日分の軍事費を提供するよう求めています。世界の軍事費はわずか26時間分で、最も危険にさらされている人々を支援するために必要な55億ドルを賄うのに十分です。

    Article / 2021年4月13日

    新型コロナウイルスのパンデミックが続くことで不平等の深刻化と雇用危機が悪化する中、抗議運動は世界中で増加しています。

    News / 2021年3月26日

    緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。

    News / 2021年3月23日

    英国を含む裕福な国々は、発展途上国がワクチン製造能力を高めるのを助けるための提案を阻止している、という文書がBBCニュースナイト・ショーに漏らされました。

    News / 2021年3月15日

    イエメンの人々は、世界が即座に行動を起こさない限り飢饉に直面していると、世界食糧計画(WFP)は警告しています。

    Blog / 2021年3月8日

    2030年までに食品廃棄物を半減させる世界的な取り組みを支援する新しい国連の研究によると、毎年、世界の生産量の5分の1にあたる10億トン近くの食品が捨てられています。

    News / 2021年2月20日

    市民社会団体は、新しいバイデン政権が炭素排出削減義務の公正な分担を行うことを約束し、気候資金を含むグローバル・サウスの国々への支援を尊重するよう彼らの要求を強めています。US Climate Fair Shareによる。

    News / 2021年2月16日

    世界貿易機関(WTO)での重要な会議に先立ち、市民社会とグローバル・サウスの労働組合は、新型コロナワクチンやその他の医療製品に関する特定の知的財産権を放棄する提案を阻止することをやめるよう先進国の指導者に呼びかけています。 

    News / 2021年2月7日

    気候変動に関するこれまでで最大の世論調査によると、64%の人がこの問題は「世界的な緊急事態」であると考えています。

    Blog / 2021年2月6日

    飢饉が宣言されているかどうかではなく、人命の損失に焦点を当て、緊急にそれを防ごうとしなければならない。ダニエル・マクスウェルとその他が The New Humanitarianに書いています。

    Article / 2021年1月27日

    「フットプリント正義」のキャンペーンは、国連加盟国に「フェア・アース・シェア」を人権として定めることの法的意味を調査することを呼びかけることによって、勢いを増しています。ダッチ・プラットフォーム・フェア・アンド・グリーン・エコノミーのヤン・ジャフェーマンズが、最近の進展について説明します。

    Report / 2021年1月19日

    主要な科学者らによると、生物多様性の損失、気候変動、過剰消費の加速は、飢餓の増大、政治的分裂、社会崩壊の「恐ろしい未来」に向けて人間社会を急速に押し進めています。

    News / 2021年1月13日

    世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者によれば、コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきです。

    Report / 2020年12月24日

    Tipping Point North Southによるプロジェクトは、21世紀の外交、防衛、安全保障、国際開発政策立案の中心に持続可能な人間の安全を置くために取り組んでいます。

    Report / 2020年12月10日

    Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。

    Report / 2020年12月10日

    最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。

    News / 2020年12月4日

    国連人道問題調整事務所によると、今年はCOVID-19により、支援の必要性が前例のないレベルにまで膨れ上がっており、2021年には驚異的な2億3500万人が支援を必要とすると予測しています。

    News / 2020年11月20日

    国連は飢饉の危険があるとみなされた7カ国に1億ドルの緊急資金を割り当て即座に行動しないなら、世界は「膨大な数の子供たちが死んでいくのをテレビの画面で」目撃するかもしれないと警告しました。

    News / 2020年10月26日

    主要な運動家が「核軍縮の新しい章」と表現しているように、核兵器禁止条約は、それを批准したホンジュラスが土曜日に50番目の締約国になった後、来年1月22日に発効します。

    News / 2020年10月9日

    パンデミックが紛争と気候変動の影響を激化させるため、世界の貧困は今年20年ぶりに悪化すると予想されていると世界銀行は新しい報告書で警告しています。

    News / 2020年10月8日

    500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。

    Blog / 2020年9月28日

    国連創設75周年ハイレベル記念式典には、111の国家元首と政府首脳、14の大臣が集まり、多国間主義と世界的な連帯などを支持して発言しました。

    Blog / 2020年9月22日

    私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。

    Report / 2020年9月12日

    極度の貧困と人権に関する国連特別報告者によれば、現在の社会的保護プログラムは、COVID-19パンデミックの間に何百万人もの人々が貧困に陥るのを防ぐには十分ではありません。Global Citizenのリア·ロドリゲス氏が報告しています。

    Report / 2020年9月11日

    国際シンクタンクが水曜日に発表した分析は、世界人口は2050年までに100億人を超え、生態学的災害と武力紛争により、人類の約10%、つまり約12億人が移住を余儀なくされる可能性があると警告しています。

    News / 2020年9月8日

    コロナウイルス時代における最初の飢饉は、食料が不足している4つの紛争地域、イエメン、南スーダン、ナイジェリア北東部、コンゴ民主共和国を間も無く襲う可能性があると、国連の人道問題担当高官が警告を発しました。

    Blog / 2020年8月27日

    アフリカ緑の革命のための同盟は、過去の失敗した政策を繰り返しており、飢餓との闘いをさらに押しのけるリスクがあると、IATPにティモシー·ワイズ氏は説明しています。

    News / 2020年8月22日

    人類が地球のバイオキャパシティを超えるアース·オーバーシュート·デーは今年、2019年より3週間遅れた8月22日に起こります。この変化はパンデミックによるものですが、これがこの思いがけない不幸な出来事からではなく、私たちの意図を持って起こりえないのでしょうか?

    Article / 2020年8月18日

    偏狭な利己主義により、グローバル·ノースがパンデミックと戦うために必要なリソースとノウハウを約束する可能性はなさそうです。しかしもし、それがなされるなら、内戦を起こしている要因の1つも排除されるだろうとエリザベス·シュミットはForeign Policy in Focusに書いています。

    Blog / 2020年8月13日

    国連が創設75周年を迎える今年は、その実績を評価し、国連を強化し、今後システムが直面する課題に真っ向から取り組むチャンスです。

    Report / 2020年7月30日

    国連開発計画の新しい報告書によると、世界で最も貧しい人々のための臨時ベーシックインカムの即時の導入は、COVID-19の現在の急増を抑制し、30億人近くの人々が家にとどまることを可能にするでしょう。

    Blog / 2020年7月29日

    先週、スコットランドのグレンイーグルスで開催されたG8サミットで世界の最富裕諸国の指導者たちが多くの重債務貧困国の債務帳消しに合意して以来、私たちは15年目を迎えました。

    Blog / 2020年7月28日

    民間企業がCOVID-19ワクチンの独占権を持つべきではありません。これは、世界保健機関の技術アクセス·プールに寄付され、すべての人の利益のために分かち合われるべき公共資源であるとヘレン·クラーク氏とウィニー· ビアニマ氏は書いています。

    Report / 2020年7月21日

    最近のオックスファムのブリーフィングは、COVID-19に関連する飢餓の結果として、年末までに1日あたり推定12,000人もの人々が死亡し、さらに多くの人がこの病気で死ぬ可能性があると警告しています。

    Report / 2020年7月9日

    国連への新たな報告書によると、世界の貧困は拡大しており、それが根絶されているという主流の認識に直接矛盾しています。2030年までに極度の貧困を撲滅させるという目標を達成するには、国家は完全に軌道を外れ、COVID-19は急速にさらに多くの人々を貧困化させています。

    Article / 2020年6月29日

    数十年にわたって反対されてきたにもかかわらず、IMFと世界銀行は貧しい政府とその国民に対して同じ信用のおけない政策を強制し続けていると Jacobinにララ·マーリングは書いています。

    Blog / 2020年6月27日

    軍需および防衛部門のより多くが恒久的に健康およびその他の製品の製造に移行したらどうなるでしょうか? 確実に今こそ、平和と安全の真の意味に焦点を合わせる時だと、マーティン・ブッチャーはオックスファム・インターナショナルに書いています。

    Report / 2020年6月25日

    社会的保護は創設以来国連の議題にあり、人権専門家からの多数の報告は、政府と国際社会が人権と人類の発展に応えて機能するためには、租税回避に取り組み、公共部門に十分に資金を提供しなければならないことを詳しく述べています。

    News / 2020年6月21日

    世界は少なくとも過去50年間で最悪の食糧危機の瀬戸際に立っていると国連は警告し、大惨事を回避するために迅速に行動することを政府に求めました。

    News / 2020年6月20日

    「これらの数字は、戦争による人的損失、そしてCovid-19によって悪化した社会的および経済的影響について、国際社会への警鐘として役立つはずです」Common Dreamsにジェシカ·コーベットは書いています。

    Article / 2020年6月14日

    コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、世界中で激しい怒りと街頭での抗議デモが高まり続けています。 政府は、社会的、経済的権利、および公民権の拒否に合法的に抗議する市民の要求に耳を傾ける必要があります。IPSニュースに、イザベル·オルティス、サラ·バーク、ヘルナン·コルテス·センツが書いています。

    Article / 2020年6月12日

    どうすれば地球の限界の超過を防ぐと同時に、公平な分かち合いを達成できるのでしょうか? ダッチ·フットプリント·グループはすべての人のための平等な権利に基づく提案を提示します。ヤン·ジャフェーマンズ氏がResilience.orgに書いています。

    News / 2020年6月10日

    ヨーロッパが第二次世界大戦以来の最大の社会的課題に直面するとともに、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣たちは、EU共通の最低限所得保障へのアプローチを求めています。

     
    Blog / 2020年6月8日

    社会的保護は普遍的人権であり、そして政府はいつでも飢餓と貧困を持続可能な形で終わらせることのできる手段をもっています。 それにもかかわらず、人類の大部分は保護されていないのです。Inter Press Serviceにジョモ・クワメ・サンダラムとアニス・チョードゥリーは説明します。

     
    News / 2020年6月1日

    民主的かつ公平な国際秩序の促進に関する元国連独立専門家、アルフレッド・デ・ゼイヤス教授は、市民社会に対して、人間の尊厳、社会正義および持続可能性に基づく新しい社会契約を要求するよう即しています。

     
    Article / 2020年6月1日

    「偉大なる平等主義者」であるどころか、COVID-19は社会経済的不平等を露呈させ、深めたとミーラ・カルンナナンサン氏はopenDemocracyに書いています。

     
    News / 2020年5月31日

    世界中の国々が一緒に行動しない限り、COVID-19のパンデミックは「世界中の想像を絶する惨害と苦しみ」を引き起こすだろうと、アントニオ・グテーレス国連事務総長は木曜日に開発のための資金調達に関する遠隔のハイレベル会議で述べました。

    Report / 2020年5月28日

    新しい分析によると、栄養失調に対処するには、世界の食糧および保健制度の全面的な見直しが必要です。「脅威を拡張させる」栄養失調は、現在、世界中の死と健康障害の主な原因です。

    Blog / 2020年5月27日

    COVID-19が富裕国と貧困国の間のギャップを大幅に拡大する危険があります。 この危機を乗り越え、3000万人以上の生命を救うための大胆な計画を策定する時がきたと、ポーシャ·アントニア·アレクシスはByline Timesに書いています。

    Article / 2020年5月25日

    国連はついに、複雑な緊急事態に対応する「UN110番」ファーストレスポンダーにより、何百万人もの生命と何兆ドルものお金をセーブすることを促進するための、迅速で信頼性の高い能力をもつだろうと、H・ピーター・ランギルはフォーリン・ポリシー・イン・フォーカスに書いています。

    News / 2020年4月24日

    国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長は、食糧安全を確保しなければ、人類はコロナウイルス感染拡大の影響で「聖書の規模」の飢餓に直面する恐れがあると訴えた。

    Article / 2020年4月2日

    医療と社会的ニーズの充足を優先するために軍事費を大幅に削減するよう求める国際平和ビューロー(IPB)の請願書に署名しよう。

    Article / 2020年2月5日

    世界人権宣言の70周年を記念して、この歴史的文書を要約する「30条項についての30のアーティクル」を国連は発表しました。以下にその第25条についての紹介と背景解説を再掲載しました。

    Blog / 2020年1月14日

    現在の米軍事費のどれだけ僅かな割合で世界の飢餓と極貧を永久に根絶できるかを、World Beyond War(戦争を超えた世界)の広告板は浮き彫りにしています。

    Blog / 2020年1月13日

    貧しい国々は「拡大する債務危機」に対応して公共支出を削減していると運動家らは警告しています。

    Article / 2019年11月26日

    適切で持続可能な社会的保護システムのための資金調達は、空想ではありません。イブリン·アスターは、政府が必要なリソースを調達するために講じることのできるいくつかの手段があるとEqual Timesに述べています。

    Report / 2019年9月10日

    WWFとグローバル・フットプリント・ネットワークによる新たな報告書によると、2019年5月10日は、もし世界中の誰もがEU居住者と同じように暮らしていたら、人類が自然の年間自然予算を使い果たしてしまったであろう日です。

    Article / 2019年8月28日

    今後数ヶ月間、複数のサミットや会議に各国政府や世界のリーダーたちが集まる中、政府による現在のアプローチの失敗を非難し、急進的変革に向けたビジョンを目指すために、不平等と闘う拡大する世界的ムーブメントによって以下の公開書簡が書かれました。

    Blog / 2019年8月1日

    1986年からアース・オーバーシュート・デーを計算しているグローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)によると、人類は、2019年末までに地球がその年に持続的に再生できる量を超える資源を、7月29日月曜日に消費しきってしまいます。

    Report / 2019年7月26日

    国連は持続可能な開発目標(SDGs)に関する2019年報告書を発表しましたが、持続可能な開発アジェンダへの4年目における進展が不十分であることを示し、差し迫った世界規模の行動の必要性を強調しました。

    Article / 2019年6月26日

    国連は来月発表予定の新たな報告書の中で、「17の持続可能な開発目標(SDGs)を実施するには世界情勢が2015年以降全般的に悪化し、各国政府と他のパートナーの努力を妨げているという事実から逃れることはできない」と警告しました。

    Report / 2019年6月13日

    多面的な世界規模の緊急事態に対する国民の意識が高まる中、STWRは、持続可能な未来に向けた唯一の実行可能な道として国際経済の分かち合いを促進する取り組みにおいて、2018年を通じて継続してきました。

    Article / 2018年12月24日

    国連総会は、世界の難民を受け入れ支援する負担と責任をより公平に分担するための基盤として、難民に関するグローバル・コンパクトの最終草案を採決する予定です。

    Article / 2018年11月19日

    権能に関するあらゆる議論を議題から取り除くことによって、SDGsは社会政治関係の現状を強化する、とトランスナショナル研究所のカテリーナ・グラドコワ氏は書いています。

    Article / 2018年11月13日

    国連特別報告者フィリップ・アルストン氏が今週英国を視察する中、議論は大きな問いで占められています:貧困は本質的に違法とされるべきか?

    News / 2018年11月4日

    昨年、富裕国は貧困国への支援に多くの支出をしましたが、自国での難民への支出は減り、全体的な援助支出の停滞をもたらしています。その額は、依然として国連の目標を大幅に下回っています。

    News / 2018年9月10日

    先週末、25万人以上の人々が95カ国において900以上の活動に参加しました。化石燃料を地中にとどめ、万人のための100%再生可能エネルギーへの迅速かつ公正な移行を果たす政治的行動を、このRise for Climate(気候変動のために立ち上がれ)の運動は要求しました。

    News / 2018年8月23日

    国際人権弁護士フィリップ・アルストン氏は、今年初めに極度の貧困を調査するために米国を訪問した後、英国でも同様の調査をしています。同氏は、国連の条約で謳われている適切な生活水準への権利が国内で侵害されているかどうかを調査する予定です。

    News / 2018年8月20日

    例え人類が「今日現在の濃度において温室ガスを止めたとしても、今後20年から100年の間大気は暖まり続けるだろう」と米国大洋大気庁(NOAA)の海洋学者が警告 - Common Dreamsのジェシカ・コーベットが書いています。

    Article / 2018年8月20日

    ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の最新報告書によると、2017年、世界の国々は総額1兆7390億ドルを武器や軍隊に費やしました。実質的には2016年から1.1%という僅かな増加とはいえ、2017年の総計額は冷戦終結以来最高となりました。

    Article / 2018年7月20日

    採択から3年が経過しましたが、ほとんどの政府は、宣言された2030アジェンダの変革的ビジョンを実際の政策に変えることができていません。しかし、多くの暗い傾向にもかかわらず、まだ変化の余地があると、IPS newsにイェンス・マルテンス氏は書いています。

    Blog / 2018年6月28日

    「西側諸国が継続する戦争とEUの難民危機の間には明らかな相関関係があるにもかかわらず、道徳的な目覚めはまだ実現していない」。ラムジー・バロウドによる。

    Report / 2018年6月4日

    2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。

    News / 2018年4月12日

    世界の富の3分の2以上が、2030年までに最も裕福な1%によって所有されるだろうと、新たな研究が警告しています。

    Article / 2018年4月4日
    グローバル・サウスの人々およびノースの経済的に社会排除された人々は、50年前マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが提案したように、経済的平等のビジョンのために組織化し、それについての関心を喚起し、それを促進する必要性への認識をますます強めています。#MLKGlobalは、今日再検討されている彼らの本来の経済権利憲章を認識、採用することを国際的に提唱します。
    News / 2018年2月2日

    国際通貨基金(IMF)は、国際通貨システムの安定を確保するために1945年に設立されました。 以下のIMF理事への手紙は、IMFの社会的保護と労働改革を懸念して、50人以上の著名な経済学者と開発専門家によって署名されています。

    Report / 2017年12月22日

    シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズは、温室効果ガスの排出量を安全な限度内に抑えるという国際公約を達成するための取り組みとリソースを公平に分配するための政策枠組みを提案する最新の市民社会衡平性レビューに署名している多くの署名団体の1つです。

    Blog / 2017年11月7日

    例年の国連気候変動会議(COP23)のために世界の指導者たちがドイツのボンに集まる数日前の土曜日に、世界中からの数万人の活動家が街頭に出て、石炭の廃止を要求し、ドナルド・トランプ米大統領の気候変動否定を非難し、可能な限り迅速に100%再生可能エネルギーに移行する必要性を強調することによって、一連の計画された行動を開始しました。

    Article / 2017年9月28日

    国連システムを真に「目的に適合」させるためには、加盟国と国連機関は、選択的多国間主義、民主的統治の弱体化、公的機関の財政的浸食を克服するために大胆な行動を必要とします。カロリン・ザイツ氏とイェンス・マルテンス氏によるGlobal Policy特別号記事。

    Report / 2017年9月18日

    国連の報告書によると、2000年の約9億人にはまだ達していないものの、2016年には世界の慢性栄養不足人口が2015年の7億7,700万人から8億1,500万人に増加したと推定されていることが明らかになりました。

    Report / 2017年8月1日

    半世紀以上にわたり、貧困との戦いは世界的なレトリックの焦点となってきました。しかし、最も重要な質問をする人はほとんどいません。「誰が貧困と戦うのか?」 ここで、小農システムに基づいたアグロエコロジーの概念が登場します。これは、モノカルチャーから多様性を守り、世界市場よりも地元市場を優先するアプローチです。以下のパンフレットは、INKOTA-netzwerk、Brot für die Welt、FIAN、Forum Umwelt und Entwicklung、Heinrich-Böll-Stiftung、MISEREOR、Oxfam、Rosa-Luxemburg-Stiftung によって共同制作されました。

    Report / 2017年7月21日

    通常、持続可能な開発に向けた有用なツールとして描かれている官民パートナーシップ(PPP)は、実際には「人々と公的資金にとって不釣り合いなリスクとコストを伴う」と、2017年に発表されたスポットライトレポートの中で市民社会組織と労働組合のグローバル連合が主張しています。

    Article / 2017年7月19日

    気候変動は世界の多くの地域で食料供給に影響を与える恒久的な現実となっており、19か国で新たな国際食料危機が拡大しています。移民の流れが増加する傾向が悪化するにつれ、二酸化炭素排出量の急速な削減の必要性から逃れることはできない、とopenDemocracyのポール・ロジャース氏は書いています。

    Blog / 2017年7月17日

    市民社会の活動家たちは、持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)での最初の週の審議を批判しています。グローバル・ポリシー・フォーラムによる。

    Blog / 2017年6月30日

    イスラエルによる封鎖が9年目を迎える中、ガザに住む180万人のパレスチナ人の生活と生計を破壊し続けています。

    News / 2017年6月30日

    国連高官らは、占領を終わらせることが、イスラエルの安全保障のニーズと国家と主権に対するパレスチナ人の願望を満たす永続的な平和の基盤を築く唯一の方法であると宣言しました。

    Blog / 2017年6月23日

    国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関する最近の進捗報告書は、いかなる形の説明責任も妨げながら、SDGsの実施がどのように進んでいるのかについて、歪曲され誤解を招く状況を描写しています。

    Article / 2017年6月22日

    戦争や迫害によって故郷を追われた人の数は3年連続で記録的な水準に達し、世界中で6,560万人が強制移動を強いられましたが、これは英国の人口を上回っています。

    Article / 2017年5月14日

    世界の最貧国の一部では、政府の多額の債務のせいで公共サービスが枯渇しつつあると、ジュビリー債務キャンペーンが警告しています。

    Article / 2017年3月16日

    ケニア、イエメン、南スーダン、ソマリア(飢饉に直面している、あるいはその危険にさらされている国々)から戻ったばかりの国連人道高官は本日、人々を「餓死」から救うための包括的な行動を国際社会に訴えました。

    Blog / 2017年2月18日

    人々を貧困に陥らせる極度の不平等は阻止する必要があります。世界銀行ですら、貧富の差を埋めるために私たちが同時に行動しない限り、貧困をなくすことは不可能であることに同意している、とオックスファム・インターナショナルのニック・ガラッソ氏は書いています。

    Article / 2016年10月12日
    私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。
    Blog / 2016年10月8日

    世界銀行や国連によって広く報告されているように、本当に貧困は減少しているのでしょうか?この「良いニュース」についての語り口は真相から程遠いと、The Rulesチームは説明します。

    Blog / 2016年10月8日
    5年前、国家の領域外義務に関するマーストリヒト原則が経済的、社会的及び文化的権利分野に導入されました。自国の領域外での行為に対して国家に責任を問うために、これらの原則が市民社会組織によってますます使われています。以下のETO Consortiumの最新ニュースが明確にするように、現在人権義務は国境を越えよく認識されています。
    Blog / 2016年9月13日

    企業権力は人類の歴史においてかつてないレベルに達しており、多くの場合国家権力を取るに足らないものにしています。Global Justice Nowのアイシャ・ドッドウェル氏が説明するように、市民社会団体が多国籍企業と人権に関する法的拘束力のある世界条約を目指す新たな国連の取り組みを支持しているのはこのためです。

    Blog / 2016年9月13日

    世界の指導者たちが難民と移民に関する初の国連サミットに向けて準備を進めるなか、市民社会団体は既に、サミットでは深刻化する危機に対処する責任を各国政府が共有するための具体的な措置への合意はないと予想しています。このため、責任の公平な分担を実践するよう求める声はサミット後もずっと続くだろうと、オックスファム・インターナショナルのジョセフィーヌ・リーブル氏は報告します。