• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

環境

Article / 2021年10月14日

A climate debt is owed. It is owed by the richest countries, whose carbon emissions—through centuries of industrialisation made possible by colonial extraction—have been the principal cause of the climate crisis.

Article / 2021年10月14日

気候変動に対する債務があります。それは富裕国によるものであり、植民地時代の搾取によって可能になった何世紀にもわたる工業化による二酸化炭素排出が、気候危機の主な原因となっています。

Article / 2021年9月17日

In a low-growth world, it is essential to share what growth there is more equitably - otherwise the consequences could be catastrophic, writes John Cassidy for the New Yorker.

Article / 2021年9月2日

十分性に焦点を当て、すべての人に惑星資源の公平なシェアを保証するなら、人類の普遍的なニーズを満たし、世界を住むのに適した環境に保つことが可能である、とスタン・コックスはYES! magazineに書いています。

 
Article / 2021年9月1日

It is possible to satisfy humanity’s universal needs - and keep the world liveable - if we focus on sufficiency and guarantee everyone a fair share of planetary resources, writes Stan Cox for Yes! magazine. 

News / 2021年8月17日

世界的調査によると、世界で最も裕福な国の4分の3の人々は、人類が地球を危険な転換点に向かって押し進めていると信じており、経済的利益の優先順位からの転換を支持しています。

News / 2021年8月17日

Three-quarters of people in the world’s wealthiest nations believe humanity is pushing the planet towards a dangerous tipping point and support a shift of priorities away from economic profit, according to a global survey.

News / 2021年7月29日

Humans will have already consumed all the natural resources that Earth can sustainably supply for 2021 by tomorrow — overshooting by five months.

News / 2021年7月29日

人類は、地球が2021年に持続可能な方法で供給できるすべての天然資源を、今日までにすでに消費しました。つまり、5ヶ月でオーバーシュートしました。
 

News / 2021年7月26日

小規模食料生産者、研究者、先住民の300以上のグローバル市民社会組織がオンラインで集まり(7月25~28日)、国連食料システムプレサミットに抗議します。