• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

英国の貧困レベル増大、リシ・スナク氏は国連調査官の訪問を許可すべきと85の慈善団体が要求

Guest content
2024年5月11日

80以上の慈善団体や市民社会団体がリシ・スナク氏に対し、食料貧困に関する国連調査官の英国訪問を選挙後まで阻止する決定を撤回するよう求めています。Independentのホーリー・バンクロフト氏による報告です。

スナク氏の政府は国連食料への権利に関する特別報告者に対し、来年まで英国を訪問できないと伝えました。世界中の国々の飢餓と食料不安を研究するという役割を行使するマイケル・ファクリ教授は、20か月以上も前に英国への正式訪問を要請しました。

彼の要請は4月に環境・食料・農村地域省閣外大臣(食料担当)マーク・スペンサー氏によって拒否されました。またスペンサー氏は、今年の訪問は不可能であると述べ、国連調査官が選挙前に調査を行う機会を拒否しました。

食料と人権の慈善団体や市民社会団体は現在、スナク氏に書簡を送り、決定を撤回するよう求めています。

アムネスティ・インターナショナル、Just Fair、フード財団を含む85団体が署名した書簡の中で、慈善団体は次のように書いています:「貧困レベルの増加、フードバンクの利用、飢えの報告は長年にわたって続いており、新型コロナウイルス感染症のパンデミックと生活費危機の中でより顕著になった」

団体らは「英国政府が今年特別報告者を招待しないのは非常に残念だ」とし、「我々は英国政府に対し、現在の議会でこの訪問を促進するよう求める」と付け加えました。

フード財団による最近の調査ではでは、英国の世帯の15パーセントが食料不安の中で暮らしていることが判明しました。これは大人800万人、子供300万人に相当します。食料貧困のレベルは2021年の2倍に達していると慈善団体は発見しました。

国会議員らは今週、学校の子供たちが無料の学校給食の資格を得ることができないため、空の弁当箱から食べるふりをしたり、ゴムを食べたりしていると聞きました。英国で貧困の中で暮らす少なくとも90万人の子供たちが、政府が設定した基準により無料の学校給食を受けられないと言われているとChild Poverty Action Groupが発表しました。

2018年に極度の貧困に関する国連の特別報告者が英国を訪問したとき、その報告書はひどいものでした。オーストラリアの法学教授フィリップ・アルストン氏は、英国での貧困の増加は「政府の政策の直接の結果」であると述べ、国内での貧困の増加は「目を開いてみれば誰にでも明らかである」と付け加えました。

同報告者は、テリーザ・メイ政権がそれに対して「断固とした否定状態」にあると非難し、労働・年金省は「チャールズ・ディケンズによって悪名を高めた19世紀の救貧院をデジタル化して無菌化したバージョンを設計する任務を課されている」と述べました。

労働党議員で環境・食料・農村地域委員会の委員でもあるイアン・バーン氏は、政府がファクリ教授の訪問を2025年まで「延期」していると非難しました。同氏はさらに、「英国全土で記録的なレベルの飢えが発生しているため、原因を検討し、今すぐ権利の法制化を保証するなどの解決策を提供するために、この独立した概覧が必要だ」と付け加えました。

この書簡をコーディネートした慈善団体Just Fairのディレクター、ジェス・マクウェイル氏は次のように述べました。「英国政府は、すべての国連専門家を公募していると主張しているが、実際には、アクセスを拒否し精査を避ける方法として、先延ばしや延期を好む」

「英国政府は、政府が全面的に失敗していることを認識している。飢餓から解放され、おいしい食べ物にアクセスできることが基本的人権として認められる時が来た」

Defraの広報担当者は、「食料生産と食料安全保障はこの政府にとって重要な優先事項であり、予定されている訪問を順調に促進するために我々が連絡をとっている国連食料への権利に関する特別報告者の訪問を歓迎する」と述べました。


Original source: The Independent

Image credit: Palmers Green food bank, UK, taken by Mazur/cbcew.org.uk on flickr for the Catholic Church England and Wales

Filed under: 
貧困と飢餓, 不平等