• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

土地、水、エネルギー:概要

STWR
2008年5月19日

土地、水、エネルギーという3つの不可欠な資源は、民営化と企業支配の拡大によって引き起こされる同じ不平等の危機によって結びついています。普遍的供給は依然として極めて現実的な目標ですが、そのためには世界的な優先順位の変更と、効果的かつ代表的な国連が監督する国際的な分かち合いのシステムを通じた大規模な再分配が必要です。


民営化と自由市場政策の社会的影響は最富裕国でますます疑問視されされつつありますが、最も厳しい影響は経済が低迷している発展途上国で感じられています。土地、水、エネルギーといったすべての中核問題は、最貧困者に影響を与える開発「危機」として単独に述べることができます。したがって、これらの天然資源の所有権と分配は、国際貿易と開発への主要なアプローチとしての経済のグローバル化をめぐる分裂的な議論の中心的な問題となっています。

土地危機

農業生産の大幅な増加を特徴とする、1970年代の緑の革命以来、その代償として無数の貧困者が地方から追い出され、そして土地のさまざまな危機が進展しています。土地所有権の確保や産業技術への投資に必要な資金がなければ、小規模農家はグローバル化した食品市場で大規模な農業ビジネスに対抗できないことが証明されています。

フード・ファーストやビア・カンぺシーナなどの活動団体が積極的に強調しているように、エスカレートする土地危機は、食料自給率よりも農産物の輸出や換金作物を優先し;コミュニティの結束や地方の価値観よりも投資家の利益や私有財産を優先し;土地利用における持続可能な慣行よりも天然資源の開発を優先する世界経済システムに直接起因しています。

Read more - land: key facts and resources

エネルギーと貧困の関係

エネルギー供給の危機は、一般にエネルギーと貧困の関係と呼ばれています。現在、世界人口の約40パーセントが調理や暖房のための現代的な燃料を利用できず、16億人が電気なしで暮らしています。富裕国におけるCO2排出量の抑制と化石燃料使用からの切り替えという課題と、発展途上国への基礎的な現代的エネルギーさえも供給しなければならない必要性によって定義される二重のエネルギー危機は、今後数十年で容赦なく悪化することになるでしょう。

2030年までに14億人が依然として電力不足に陥っていると予想される一方、急速に工業化するBRIC諸国 (ブラジル、ロシア、インド、中国) と人口の劇的な増加を考慮すると、エネルギー消費量はほぼ60%増加すると予想されています。今後20年間に世界のエネルギー需要の急増に対応するには20兆ドルの投資が必要となるため、将来のエネルギー供給で後回しになるのは必然的に最も貧しい市民になります。この巨大な課題は、富裕国と貧困国の「持つ者」と「持たざる者」の間の最大の分断の一つを表しており、拡大し続ける資源の消費と際限のない成長に基づく経済システムの持続不可能性をあからさまに強調しています。

Read more - Energy: key facts and resources

世界的な水危機

世界的な水危機を特徴づける深刻な不平等は、国際社会が人権として不可欠なニーズを提供できていないことを最も明確に示しています。現在、歴史上最も多くの水が浪費されている一方、開発途上国の11億人は安全な飲料水にアクセスできず、26億人が基本的な衛生設備を欠いています。世界人口のわずか12パーセントが、その水の85パーセントを消費していますが、全員が最富裕国に住んでいます。しかし、2006年に水危機に関する国連の人間開発報告書は、不足という「暗い算術」に対する理論を立てました。エネルギー供給と土地利用に反映されているように、報告書は水危機の核心は物理的な利用可能性にではなく、権力、貧困、不平等に根ざしていると特定しました。

不可欠な資源への不公平なアクセスの中心にあるのは、歴史的にこれらの資源を少数者の手に集約してきた経済プロセスであり、彼らはその配分と分配の方法を、通常は市場ベースのメカニズムを通じて決定し続けてきました。社会的富の「微妙な独占」としてしばしば説明される民営化のプロセスは、イングランドの中世にまで遡ることができます。このとき、土地は共有所有権から没収され、その後、1760年から1844年までの間に可決された一連の囲い込み法によって私有権者に権利が与えられました。今日の新自由主義政策は、「グローバル・コモンズ」に対するそのような独占的管理の拡張の現代版とみなすことができます。その結果、これらの資源はますます多国籍企業によって所有または管理されるようになり、多国籍企業が製品を流通させるために使用する商業メカニズムは、「市場価格」を支払う余裕のない人々に届かなくなります。

Read more - Water: key facts and resources

分かち合いと再分配

現代のエネルギー、水、土地の公正な利用を普遍的に提供することは、すぐに達成できる極めて現実的な目標ですが、これには大規模な再分配措置が必要であることが証明されており、現在最も強力な国々によって回避されています。生態学者たちは長年、土地を含む乏しい資源の公平な利用を調整するための世界的な政策を主張してきました。モード・バーロー氏のような水正義運動の主要人物は、短期的利益のための完全に経済的な懸念や民営化による「水取引」とは異なる「水の分かち合い」の人道的システムを求めています。

しかし、すべての国民に対する合意された社会的最小限の資源供給を達成するには、現在の経済成長重視から、基本的ニーズの確保を開発の進展の重要な指標とみなす人権に基づくアプローチへの根本的な転換が必要です。

Filed under: