• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

ガザと世界の忘れ去られた数百万もの人々と連帯して

STWR
2024年5月23日

イスラエル・ハマス戦争に関するSTWRの声明: 
ガザでの大量虐殺を止めよ! 

 

パレスチナの人々との連帯を表明する道徳的責任は私たち全員にありますが、世界中で増大している他の「沈黙の」紛争や飢饉も忘れてはなりません。これらもまた、政治的無関心に直面する中で、大規模な国際的対応を必要としています。


10月7日のハマスによる攻撃に対するガザでのイスラエルの軍事対応以来、STWRはNGOや国連からの即時停戦の呼びかけを支持してきました。私たちはまた、すべての国連加盟国に対し、危機を煽るイスラエルとパレスチナ武装勢力への武器移転を停止するよう求める世界的な人道・人権団体にも加わりました。

私たちはハマスによる恐ろしい攻撃に対する怒りと非難を共有します。しかし、数十年にわたるイスラエルによるパレスチナ人に対する国家公認の暴力の中での攻撃の原因を認めることが重要です。人権団体は長い間、イスラエルによるパレスチナ領土占領における植民地主義とアパルトヘイトの恥ずべき顕著な特徴を記録してきました。ガザ地区は、1990年代以来課せられてきた不法封鎖の結果、想像を絶する苦しみに耐えてきました。これはガザを「野外刑務所」に変えた集団懲罰の一形態なのです。しかし過去7カ月間、イスラエルは包囲された領土に対する前例のない軍事攻撃で国際法に激しく違反し、1万5000人以上の子供を含む3万5000人以上が殺害されました。

強力な証拠は、イスラエル政府の行動がジェノサイド条約に違反していること、つまりパレスチナ人に物理的な破壊をもたらすよう計算された生活条件を課していることを示唆しています。ガザでは家屋の最大70パーセントが破壊され、病院、学校、大学、文化施設、国連施設を含む民間インフラ全体が破壊されました。

ラファでの最近のイスラエルの行為――重要な国境検問所を閉鎖し、他に行き場のない推定60万人を強制退去させた――は、イスラエルにジェノサイドを防止するために「あらゆる手段」を講じるよう命じた国際司法裁判所の暫定措置を無視しています。イスラエルは、ガザの人々に基本的なサービスや人道支援を直ちに提供することで命令を守るのではなく、意図的に飢えを戦争の武器として利用し、さらに最悪の戦争犯罪を犯しています。ガザの人口の半数はすでに壊滅的なレベルの飢餓に直面しており、北部では飢饉が差し迫っています。

先週末、ロンドンでSTWRは、1948年のパレスチナ人の集団強制退去から76周年を記念するナクバ(アラビア語で大惨事を意味する)の日を祝うデモ行進に参加しました。多くの抗議参加者は「ナクバは終わっていない」と書かれたプラカードを掲げていました。

大量虐殺の共犯者

イスラエル・ガザ戦争で痛切に明らかになったことは、北米と多くのヨーロッパ諸国がイスラエルの大量虐殺犯罪に共謀していることです。主要な西側諸国は自らを人権と道徳の擁護者であると主張しながら、国際法に違反して処罰されないイスラエルを揺るぎなく支持しています。これらの政府は、人道的停戦を求める国連安全保障理事会の決議に対して繰り返し拒否権を発動したり、棄権したりしています。彼らはイスラエルの攻撃を終わらせようとする外交努力を妨害しました。彼らは世界法廷での南アフリカの虐殺訴訟に反対してきました。彼らは恥知らずにもパレスチナ人のための国連救済機関への救命援助を停止しました。そして彼らは、納税者の税金を投入してイスラエルに武器移転を供給し続けています――特に米国は議会と協力して数十億ドルの追加軍事支援を確保しています。

西側諸国の偽善と二枚舌がかつてないほど暴露されました。西側の最も強力な国家は、パレスチナ人を、70年以上前に国連によって承認された普遍的人権に値しないかのように扱っています。彼らの大量虐殺への支持は私たち全員を恥ずかしめるものであり、最終的には人類全体を危険にさらす可能性のある暴力と憎しみの終わりのないサイクルに拍車をかける危険性があります。

政治的リーダーシップが不在であるため、パレスチナの人々と声を上げ、デモ行進し、連帯を表明する道徳的責任は一般市民にあります。大量虐殺戦争と冷酷な政治家や主流メディアによる組織的支援に対して、立ち上がって抗議するかどうかは私たち次第です。平和的な学生抗議活動参加者たちは、暴力的な警察の取り締まりや反ユダヤ主義的であるというメディアでの誤った報道にもかかわらず、ガザ連帯の野営地やハンガーストライキを通じて私たちに道を示してくれています。彼らの勇敢な行動はすでに、米国政府にラファへの大規模な地上侵攻を一時停止させ、暫定的に反対させることを促進しています。市民の行動を通じて国際法を執行し、すべての人々の人権を支援し、この不道徳で違法な戦争を終わらせることは、残りの私たちにかかっています。

人道に対する広範な犯罪

イスラエル・ガザ戦争は現代における最も深刻な道徳的危機であり、歴史上最も明らかな大量虐殺かもしれません。しかし、政府が放置している世界中の他の紛争を忘れてはなりません。そこでも何百万人もの人々が暴力や集団退去に直面しています。スーダンでは内戦が深刻な飢饉を引き起こす危険があり、すでに人口の半数が人道支援と保護を必要としています。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、この地域で広範な戦争犯罪と大量虐殺が行われた可能性が高いと報告していますが、西側メディアではほとんど言及されていません。

コンゴ民主共和国では、起こり続ける暴力により700万人近くが国内避難民となり、世界最大の子どもの飢餓危機に苦しんでいます。イエメンでは、長年にわたる戦争により国のインフラの多くが破壊され、人口の半分以上が食料援助に依存しています。昨年、ソマリアは容赦のない干ばつと紛争再発により飢饉の瀬戸際に立たされました。ブルンジ、ジブチ、ガンビア、ハイチ、レバノン、リベリア、セネガル、マラウイなど、他の複数の国でも飢餓が急増しています。

最新の世界的評価によると、生命を脅かすレベルの食料不安により、驚くべきことに2億8,100万人が影響を受けており、そのうち最も深刻な影響を受けている人々は南スーダン、ブルキナファソ、ソマリア、マリに住んでいます。こうした飢餓危機の多くはニュースの見出しにはなりません。その大多数は、ガザと同様、紛争の影響を受けた地域で起こっており、膨大な数の人々が避難所、医薬品、食料、きれいな水のない状況に置かれています。人道的ニーズが急増している現在、これらすべての危機には悲劇的なほど資金が不足しています。人道支援システムは、これまで直面した中で最悪の資金不足に耐えており、国連当局者らは、緊急援助を受けるための卑劣な苦しみの競争と表現しています。

私たちは疎かにされてきたパレスチナ国民の代弁者であると同時に、これらの広範な人道に対する犯罪への政府の責任を問う必要もあります。主要な西側諸国は、16年間にわたるガザ包囲を終わらせ、この地域に無制限の人道支援を提供し、ただちに停戦を調停するために行動しなければなりません。そして、世界中で増大している「沈黙の」紛争や飢饉を緩和するために行動しなければなりませんが、それには政治的な無関心に直面しながらも大規模な国際的な対応も必要です。したがって、ガザの抗議活動の精神を飢餓の不正義を撲滅するための世界的な運動に拡張し、より破壊的な戦争を煽るのではなく、最も基本的な人権に十分な資金を提供するようすべての政府に呼びかけましょう。

 


Image credit: Some rights reserved by duncan cumming, flickr